基本情報技術者平成19年春期 午前問30

午前問30

プログラムのモジュール単位に主記憶を割り当てる可変区画方式のコンピュータにおいて,五つのモジュールA〜Eを次の順序でロードしたり解放したりする。最後のモジュールEをロードした時点で,主記憶の空き領域は何か所存在するか。ここで,主記憶は500kバイトで初期状態では何もロードされていない。また,モジュールは空き領域の先頭からロードするものとし,その他の条件は考慮しない。

〔ロードと解放の順序〕
Aのロード→Bのロード→Cのロード→Bの解放→Dのロード
→Aの解放→Eのロード

〔モジュールの大きさ〕
30.gif/image-size:213×125

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

主記憶へのロードをモジュールの解放を図にすると以下のようになります。

A(200k)のロード
30_1.gif/image-size:371×49
B(100k)のロード
30_2.gif/image-size:371×49
C(150k)のロード
30_3.gif/image-size:371×49
B(100k)の解放
30_4.gif/image-size:371×49
D(80k)のロード
30_5.gif/image-size:371×49
A(200k)の解放
30_6.gif/image-size:371×49
E(90k)のロード
30_7.gif/image-size:371×78
したがって主記憶の空き領域は3か所になります。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop