基本情報技術者 平成19年秋期 午前問73

午前問73

販売価格が14万円の製品を製造する案として,表のA案とB案がある。月当たりの販売数量が500個の場合,A案とB案の評価のうち,適切なものはどれか。
73.gif/image-size:212×70
  • A案,B案ともに利益が出ない。
  • A案とB案の利益は等しい。
  • A案の方が利益が多い。
  • B案の方が利益が多い。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H14秋期 問68

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

A案とB案を採用した場合の予定利益を計算します。

利益を求めるための式は、売上から費用を引いたものが利益となるので、
 利益=売上高−固定費−変動費

の式を使って計算します。

〔A案〕
製品の販売単価が14万円、販売数量が500個なので売上高は、
 売上高=14万円×500個=7000万円

固定費は、1500万円、
変動費は、1個当たり9万円で500個販売なので、
 変動費 = 9万円×500個=4500万円

これらを先ほどの式に代入すると、A案で得られる利益は、
 7000−1500−4500=1000万円

となります。

〔B案〕
売上高はA案と条件が同じなので、7000万円です。

固定費は、2500万円、
変動費は、1個当たり9万円で500個販売なので、
 変動費=7万円×500個=3500万円

これらを先ほどの式に代入すると、A案で得られる利益は、
 7000−2500−3500=1000万円

どちらの案も1000万円の利益と計算されたので、A案とB案の利益は等しいということがわかります。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop