基本情報技術者平成18年秋期 午前問49

午前問49

ソースコードやオブジェクトコードを解析して,プログラムの仕様と設計の情報を取り出す手法はどれか。
  • リエンジニアリング
  • リストラクチャリング
  • リバースエンジニアリング
  • リファクタリング
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H27秋期 問49

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

  • リエンジニアリングは、既存のシステム資源を利用して新しいシステムを再構築する手法や技術全般のことをいいます。
  • リストラクチャリングは、日本語で再構築の意で、企業が事業規模に合わせて組織を再編成することをいいます。
  • 正しい。リバースエンジニアリングは、既存ソフトウェアの動作を解析するなどして、製品の構造を分析し、そこから製造方法や動作原理、設計図、ソースコードなどを調査する技法です。
  • リファクタリングは、プログラムの外部から見た動作を変えずにソースコードの内部構造を整理することをいいます。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop