基本情報技術者平成18年秋期 午前問12

午前問12

四則演算の式の書き方には,演算子をオペランドの前に書く方法(前置記法),オペランドの間に書く方法(中置記法),オペランドの後に書く方法(後置記法)の3通りがある。図は,2分木で表現された式のたどり方と,各記法によって表される式を例示したものである。
12.gif/image-size:244×133
各記法で式を書く手順の説明として,適切なものはどれか。
  • 前置記法:節から上に戻るときにそこの記号を書く。
  • 中置記法:節に下りたときにそこの記号を書く。
  • 後置記法:節から上に戻るときにそこの記号を書く。
  • 後置記法:葉ならばそこの記号を書いて戻る。演算子ならば下りるときに左括弧を書き,左の枝から右の枝に移るときに記号を書き,上に戻るときに右括弧を書く。

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 情報に関する理論

正解

解説

  • 節から上に戻るときに記号を書いていくと、式は「abc−d*+」となります。これは後置記法による式であるため誤りです。
    12a.gif/image-size:135×182
  • 節に下りたときに記号を書いていくと、式は「+a*−bcd」となります。これは前置記法による式であるため誤りです。
    12i.gif/image-size:131×182
  • 正しい。「ア」と同じ手順なので、式は後置記法の「abc−d*+」となります。したがって適切です。
  • 手順どおりに記号を書いていくと、式は「(a+((b−c)*d))」となります。これは中置記法による式であるため誤りです。
    12e.gif/image-size:136×182
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop