基本情報技術者平成17年春期 午前問19

午前問19

割込みに関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • CPUは割込みを受け付けると実行中のプログラムを中断し,プログラムの再開に必要な情報を磁気ディスクの特定の領域に格納する。
  • アプリケーションは,常に割込みの発生を感知する必要がある。
  • 入出力装置からの動作完了の通知は,内部割込みに分類される。
  • 複数の割込みの発生に備え,個々の割込み原因には優先順位が付けられる。
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H14春期 問18

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » プロセッサ

正解

解説

割込み(Interrupt)とは、すぐに対処しなくてはならない問題などがシステムに生じたときに 、実行中のプログラムの処理をいったん停止し、別のプログラムの実行に切り替えることをいいます。割込み処理プログラムが終了し、割込み原因に対する処理が完了すると、割込み直前のデータを復帰し、もとのプログラムの実行が再開されます。
  • 割り込み要求が発生するとCPUはプログラム・カウンタの内容(主プログラムの戻りアドレス)をスタックに退避します。
  • 割り込み要求が発生すると実行中のプログラムはOSによって一時的に退避されるため、アプリケーション側で割込みの発生を感知する必要はありません。
  • 入出力割込みは、外部割込みに分類されます。
  • 正しい。同時割込みに備えて各割込みには優先度が設定されます。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop