基本情報技術者平成17年秋期 午前問45

午前問45

ソフトウェア開発においてWBS(Work Breakdown Structure)を使う目的として,適切なものはどれか。
  • 開発コストを見積もり,それを重点的に管理する。
  • クリティカルパスを早期に発見して,それを重点的に管理する。
  • 作業をトップダウン方式で細かく分割して,作業管理をしやすくする。
  • 利用可能な資源を考慮した作業スケジュールを作成する。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトのスコープ

正解

解説

WBS(Work Breakdown Structure)は、プロジェクト目標を達成し、必要な成果物を過不足なく作成するために、プロジェクトチームが実行すべき作業を、成果物を主体に階層的に要素分解したものです。
分解後の最下層に位置する作業単位ごとに内容・日程・目標を設定し、プロジェクト実行中も作業単位ごとに計画と実績の差異を確認することで、進捗管理を効率的に行える利点があります。
45.gif/image-size:409×343
  • EVM(Earned Value Management)の目的です。
  • クリティカルパス法の目的です。
  • 正しい。WBSを使う目的です。
  • クリティカルチェーン法の目的です。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop