基本情報技術者平成17年秋期 午前問13

午前問13

データ構造に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 2分木は,データ間の関係を階層的に表現する木構造の一種であり,すべての節が二つの子をもつデータ構造である。
  • スタックは,最初に格納したデータを最初に取り出す先入れ先出しのデータ構造である。
  • 線形リストは,データ部と次のデータの格納先を指すポインタ部から構成されるデータ構造である。
  • 配列は,ポインタの付替えだけでデータの挿入・削除ができるデータ構造である。

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » データ構造

正解

解説

  • 2分木がもつ子の数は高々2つなので、節点が1つの子しかもたない場合もあります。
  • スタックは、最後に格納したデータを最初に取り出す後入先出し(LIFO)のデータ構造です。
  • 正しい。
  • リストの説明です。配列は、複数の同じデータ型の値を表の形に並べて管理するデータ構造です。
© 2010-2022 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop