基本情報技術者平成16年秋期 午前問67

午前問67

データの正規化に関する記述として,適切なものはどれか。
  • 関係データベース特有のデータベース構築技法であり,データの信頼性と格納効率の向上を目的とする。
  • データベースの運用管理を容易にするために,レコードをできるだけ短く分割する構造化の技法である。
  • ファイルに格納するデータの冗長性をなくすことによって,アクセス効率を向上させるチューニングの技法である。
  • ファイルやデータベースの論理的なデータ構造を設計する際の技法であり,データの矛盾や重複を排除することを目的とする。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H18秋期 問61

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

データの正規化はデータベースを構築する際にデータの重複や矛盾を排除して、データの整合性と一貫性を図るために行われます。
  • 正規化の目的はデータの一貫性と整合性の確保です。
  • 目的は保全性のためではありません。
  • 正規化の目的は、データの一貫性と整合性の確保、保守性の向上などです。
  • 正しい。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop