基本情報技術者平成16年秋期 午前問40

午前問40

インターネットに関係するプロトコルや言語に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • FTPは,電子メールにファイルを添付して転送するためのプロトコルである。
  • HTMLは,文書の論理構造を表すタグをユーザが定義できる言語である。
  • HTTPは,HTML文書などを転送するためのプロトコルである。
  • SMTPは,画像情報を送受信するためのプロトコルである。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H14春期 問17
  • 初級シスアド H19秋期 問17

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » 通信プロトコル

正解

解説

  • FTP(File Transfer Protocol)は、ネットワーク上でファイルの転送を行うための通信プロトコルなので電子メールを転送することはできません。電子メールにファイルを添付して転送するための規格はMIME(Multipurpose Internet Mail Extension)です。
  • HTML(HyperText Markup Language)は、Webページを記述するために、タグを使って文書構造を表現するマークアップ言語ですがタグは定義済みものしか使用できません。文書の論理構造を表すタグをユーザが定義できる言語はXML(eXtensible Markup Language)です。
  • 正しい。HTTP(HyperText Transfer Protocol)は、WebサーバとWebブラウザがデータを送受信するのに使われるプロトコルです。
  • SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)は、インターネット環境において、クライアントからサーバにメールを送信したり、サーバ間でメールを転送するのに用いられるプロトコルです。SMTPでは、ASCII文字しか使用できないため、画像情報の送受信にはMIMEを使用します。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop