基本情報技術者平成15年秋期 午前問4

午前問4

コンピュータを使用して整数の加減算を行う場合,あふれ(オーバフロー)に留意する必要がある。あふれの可能性がある演算をすべて列記したものはどれか。
04.gif/image-size:318×204

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 離散数学

正解

解説

オペランドxとyを1桁の数値として計算し、結果が2桁になるものがオーバフローしたといえます。
例えば、(a)の場合、正の数同士の加算なので、9+9=18となり、あふれの可能性があるといえます。

下図は、オペランドxとyに1桁の数値として、1 または 9 を利用した計算結果です。
04a.gif/image-size:500×316
したがって、正解は「ア」です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop