基本情報技術者平成14年春期 午前問64

午前問64

トークンリング方式のLANの特徴として,適切なものはどれか。
  • CSMA/CD方式のLANと比較すると,高負荷時の伝送遅延が大きい。
  • LAN上でデータの衝突が生じた場合には,送信ノードは一定時間経過した後に再送する。
  • データを送信するノードは,まず送信権を獲得しなければならない。
  • 伝送遅延を一定時間以内に抑えるために,ノード間のケーブル長は500m以下である。
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H17秋期 問58

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » データ通信と制御

正解

解説

  • CSMA/CD方式の方が高負荷時の伝送遅延が大きいです。
  • CSMA/CD方式の説明です。
  • 正しい。トークンリング方式では、データを送信するノードは、まず送信権(トークン)を獲得しなければなりません。
  • 10BASE5におけるケーブル(同軸ケーブル)の最大長は500mです。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop