基本情報技術者 平成14年春期 午前問4

午前問4

浮動小数点形式で表現される数値の演算において,有効けた数が大きく減少するものはどれか。
  • 絶対値がほぼ等しく,同符号である数値の加算
  • 絶対値がほぼ等しく,同符号である数値の減算
  • 絶対値の大きな数と絶対値の小さな数との絶対値による加算
  • 絶対値の大きな数と絶対値の小さな数との絶対値による減算
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H18秋期 問6

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 離散数学

正解

解説

けた落ちは、浮動小数点演算をした結果、有効桁数が減ってしまう現象で「絶対値の非常に近い値同士の減算をした場合」に生じます。
したがって「イ」が正解となります。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop