基本情報技術者 平成14年春期 午前問24

午前問24

キャッシュメモリのアクセス時間が,主記憶のアクセス時間の1/10であり,キャッシュメモリのヒット率が80%であるとき,主記憶の実効アクセス時間は,キャッシュメモリを使用しない場合の何%か。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

キャッシュメモリとは、CPUと主記憶の速度差を埋めるためCPU〜 主記憶間に設置される高速に動作するメモリです。

例として、CPU〜主記憶間のアクセス時間を10秒として考えると、CPU〜キャッシュメモリのアクセス時間は1秒です。
24.gif/image-size:350×153
ヒット率が80%とは、例として、10回のアクセスのうち8回がキャッシュメモリ、2回が主記憶へのアクセスということです。

もし、10回すべてが主記憶へのアクセスの場合(キャッシュメモリを使用しない場合)

 10秒×10回=100秒

もし、10回のアクセスのうち、8回がキャッシュメモリ、2回が主記憶へのアクセスの場合(ヒット率80%の場合)

 1秒×8回+10秒×2回=28秒

 28÷100=0.28

したがって、正解は「ウ」です。

また、主記憶のアクセス速度を 1 、キャッシュメモリのアクセス速度を1/10とした方程式を立て解くことも可能です。

 N=1/10×0.8+1×0.2
 N=0.08+0.2
 N=0.28
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop