基本情報技術者 平成14年春期 午前問13

午前問13

次の流れ図は,最大値選択法によって値を大きい順に整列するものである。*印の処理(比較)が実行される回数を表す式はどれか。
13.gif/image-size:334×386

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » アルゴリズム

正解

解説

n=5を例として考えてみます。

まず、外側のループ(交換)は、1〜4まで4回繰り返します。
次に内側のループ(最大値)は、i+1〜5まで繰り返します。

変数 i=1の場合
内側のループは、j=2〜5まで繰り返す(4回)

変数 i=2の場合
内側のループは、j=3〜5まで繰り返す(3回)

変数 i=3の場合
内側のループは、j=4〜5まで繰り返す(2回)

変数 i=4の場合
内側のループは、j=5(1回)

よって*印の処理(比較)の合計実行回数は、
4回+3回+2回+1回=10回

選択肢から、n=5の場合の答えが10となるのは、
n(n−1)/2

したがって、正解は「イ」です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop