基本情報技術者平成14年秋期 午前問55

午前問55

あるアプリケーションプログラムの,ファンクションポイント法によるユーザファンクションタイプごとの測定個数及び重み付け係数は,次の表のとおりである。このアプリケーションプログラムのファンクションポイント数は幾らか。ここで,複雑さの補正係数は0.75とする。
55.gif/image-size:265×140
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H16秋期 問55
  • 基本情報技術者 H18秋期 問46
  • 基本情報技術者 H23秋期 問52
  • 基本情報技術者 H25春期 問53
  • 基本情報技術者 H27秋期 問52
  • 基本情報技術者 H30春期 問54

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » コストマネジメント

正解

解説

ファンクションポイント法は、ソフトウェアの見積もりにおいて、外部入出力や内部ファイルの数と難易度の高さから論理的にファンクションポイントを算出し、開発規模を見積もる手法です。

まず、表中の各ファンクションタイプの個数に重み付け係数を掛け合わせたものの総和を求めます。

 (1×4)+(2×5)+(1×10)+(0×7)+(0×4)=24

複雑さの補正係数が0.75なので、得られたポイント数に補正係数0.75をかけ合わせます。

 24×0.75=18

以上の計算によって得られた18が、このプログラムの開発規模を表すファンクションポイント値になります。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop