基本情報技術者平成14年秋期 午前問35

午前問35

デュアルシステムに関する説明として,適切なものはどれか。
  • 同じ処理を行うシステムを二重に用意し,それぞれの処理結果を照合することで処理の正しさを確認する。どちらかのシステムに障害が発生した場合は,他方だけの縮退運転によって処理を継続する。
  • オンライン処理を行う現用系のシステムと,バッチ処理などを行いながら待機させる待機系を用意し,現用系に障害が発生した場合は,待機系にオンライン処理プログラムをロードし直した上でシステムを切り替え,オンライン処理を再起動する。
  • 待機系のシステムに現用系のオンライン処理プログラムをロードして待機させておき,現用系に障害が発生した場合は,待機系に即時切り替えて処理を続行する。
  • 一つのコンピュータ装置に,プロセッサ,メモリ,チャネル,電源系などを二重に用意しておき,それぞれの装置で片方に障害が発生した場合でも,処理を継続する。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H16秋期 問36
  • 基本情報技術者 H24秋期 問14
  • 基本情報技術者 H29秋期 問13

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

デュアルシステムとは、信頼化設計の1つで、同じ処理を2組のコンピュータシステムで行い、その結果を照合機でチェックしながら処理を進行していくシステム構成です。一方の系統に障害が発生した場合でも、それを切り離して処理を中断することなく続けることができます。
デュプレックスシステムでは待機系から主系へ切り替えるのに一定の停止時間が生じますが、デュアルシステムでは切り離すだけなので中断時間はデュプレックスシステムよりも短くなります。
35.gif/image-size:288×91
  • 正しい。デュアルシステムの説明です。
  • デュプレックスシステムの説明です。
  • ホットスタンバイの説明です。
  • フォールトトレラントシステムの説明です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop