データベース方式 (全19問中17問目)

No.17

関係データベースで用いられる用語であるドメイン(定義域)の説明として,適切なものはどれか。
  • 基本関係から関係演算を使用して導出される関係
  • 現実世界をデータベースに写し取るための仕様
  • 属性が取り得る値の集合
  • データベースへのデータの挿入,更新,削除,検索の総称

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース方式

正解

解説

ドメイン(domain)は、関係データベースにおいて「ある属性がとり得る値の集合」のことで属性がもつデータ型と同じ意味です。基本となる整数,文字列,日付等のほかに列挙値(性別:"男","女")や、非負の整数(N≧0)などを定義域として設定することができます。
独自のドメインを定義するにはSQLの CREATE DOMAIN 文を使います。下記のSQLは新たなドメインとしてodd_number(奇数)を定義しています。
CREATE DOMAIN odd_number AS INTEGER
  CHECK ( VALUE % 2 = 1 );
  • 導出表の説明です。
  • E-Rモデルの説明です。
  • 正しい。ドメインの説明です。
  • SQLの説明です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop