オペレーティングシステム (全100問中57問目)

No.57

仮想記憶を用いたコンピュータでのアプリケーション利用に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • アプリケーションには,仮想記憶を利用するためのモジュールを組み込んでおく必要がある。
  • 仮想記憶は,磁気ディスクにインストールされたアプリケーションだけが利用できる。
  • 仮想記憶を使用していても主記憶が少ないと,アプリケーション利用時にページフォールトが多発してシステムのスループットは低下する。
  • 仮想記憶を利用するためには,個々のアプリケーションで仮想記憶を使用するという設定が必要である。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

  • 仮想記憶管理はOSの提供する機能で、アプリケーションで実装する必要はありません。
  • CDやDVDやフラッシュメモリ上のプログラムでも利用できます。
  • 正しい。主記憶が少ない状態でたくさんのプログラムを実行すると、ページング処理が多発しシステムのオーバーヘッドが増加し、アプリケーションのCPU使用率が極端に下がるスラッシングと呼ばれる現象が発生します。
  • 仮想記憶管理はOSの提供する機能で、アプリケーション側での設定はありません。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop