システムの構成 (全68問中6問目)

No.6

システムのスケールアウトに関する記述として,適切なものはどれか。
  • 既存のシステムにサーバを追加導入することによって,システム全体の処理能力を向上させる。
  • 既存のシステムのサーバの一部又は全部を,クラウドサービスなどに再配置することによって,システム運用コストを下げる。
  • 既存のシステムのサーバを,より高性能なものと入れ替えることによって,個々のサーバの処理能力を向上させる。
  • 一つのサーバをあたかも複数のサーバであるかのように見せることによって,システム運用コストを下げる。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

システムの処理能力を向上させる施策には「スケールアップ」と「スケールアウト」という2つのアプローチがあります。
スケールアップ
サーバを構成する各処理装置をより性能の高いものに交換したり,プロセッサの数などを増やすことでサーバ当たりの処理能力を向上させる
スケールアウト
接続されるサーバの台数を増やすことでサーバ群全体としての処理能力や可用性を向上させる
同等の性能アップであればスケールアップよりも低コストであることが多い
これを踏まえると、サーバ台数の増加によってシステム全体(サーバ群)としての能力向上を図る「ア」が、スケールアウトに該当するとわかります。
  • 正しい。スケールアウトの例です。
  • クラウドコンピューティング(クラウド化)の説明です。
  • スケールアップの例です。
  • 仮想化の説明です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop