システムの構成 (全68問中52問目)

No.52

NAS(Network Attached Storage)の特徴はどれか。
  • サーバとストレージが1対1で直接接続され,ストレージをサーバごとに占有できる。
  • サーバとストレージとの間はブロック単位でデータをやり取りするので,応答が速い。
  • ファイルの改ざんを防止することができるので,変更を必要としない固定化されたデータの格納に利用されることが多い。
  • 複数のプロトコルに対応しているので,異なるOSのサーバ間でもファイル共有が可能である。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

NAS(Network Attached Storage)は、TCP/IPのコンピュータネットワークに直接接続して使用するファイルサーバで、コントローラとハードディスクから構成されています。ファイルサービス専用のコンピュータなので、専用化や用途に合うようにチューニングされたOSなどにより、高速なファイルサービスと容易な管理機能が実現されています。
  • NASはサーバに接続されているのではなく、ネットワークに接続されているので、ネットワーク上のどのサーバからでも利用することができます。
  • サーバとストレージとの間はファイル単位でやり取りを行います。
  • RAIDによって冗長性や可用性を高めることは可能ですが、ファイル改ざん防止の機能はありません。
  • 正しい。ファイル共有のために、NFS,SMB,CIFS,AFPなどそれぞれのプラットホームに対応したプロトコルを利用するのでOSが異なってもファイル共有が可能となっています。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop