メモリ (全73問中52問目)

No.52

DRAMの特徴はどれか。
  • 記憶と消去を一括又はブロック単位で行うことができる。
  • 構造が単純なので,高集積化することができ,ビット単価を安くできる。
  • 電源が遮断された状態でも,記憶した情報を保持することができる。
  • リフレッシュ動作が不要であり,高速にアクセスすることができる。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 R1秋期 問20
  • 基本情報技術者 H25春期 問23
  • 基本情報技術者 H27秋期 問21

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

DRAM(Dynamic Random Access Memory)は、コンデンサに電荷を蓄えることにより情報を記憶し、電源供給が無くなると記憶情報も失われる揮発性メモリです。集積度を上げることが比較的簡単にできるためコンピュータの主記憶装置として使用されています。
  • DRAMはアドレス単位で読書きや消去を行います。
  • 正しい。
  • 電源が途絶えると記憶内容も失われます。
  • SRAM(Static Random Access Memory)の説明です。DRAMでは消えかけた電荷をコンデンサに充電するリフレッシュ動作を常に一定間隔で行うことでデータの保持をしています。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop