サービスの設計・移行 (全21問中1問目)

No.1

新システムの開発を計画している。このシステムの総所有費用(TCO)は何千円か。ここで,このシステムは開発された後,3年間使用されるものとする。
56.png/image-size:222×195
  • 40,500
  • 90,000
  • 95,000
  • 135,500
  • [出典]
  • 午前免除試験 R4-7月 問56
  • 応用情報技術者 H25春期 問57と同題

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスの設計・移行

正解

解説

TCO(Total Cost of Ownership)は、ある設備・システムなどを取得してから廃棄に至るまでのライフサイクル全体で発生するコストの総額を表します。総所有コストとも呼ばれます。TCOは、イニシャルコストとランニングコストで構成されます。

システムの導入にかかるイニシャルコストは、

 40,000+50,000+5,000=95,000千円

運用や保守にかかるランニングコストは、毎年のコスト×3年分で

 (1,500+7,000+5,000)×3年=40,500千円

TCOは上記2つの額を合算した

 95,000+40,500=135,500千円

したがって「エ」が正解です。
© 2010-2024 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop