開発プロセス・手法 (全28問中14問目)

No.14

要求分析から実装までの開発プロセスを繰り返しながら,システムを構築していくソフトウェア開発手法はどれか。
  • ウォータフォールモデル
  • スパイラルモデル
  • プロトタイピングモデル
  • リレーショナルモデル
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H19春期 問27

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

スパイラルモデルは、情報システムやソフトウェアの開発モデルの一つで、開発の初期段階でシステムを複数の独立性の高いサブシステムに分割し、そのサブシステムごとに設計〜テストまでのサイクルを繰り返しながらシステムを構築していく開発モデルです。
  • ウォータフォールモデルは、開発プロジェクトを時系列に、「要求定義」「外部設計(概要設計)」「内部設計(詳細設計)」「開発(プログラミング)」「テスト」「運用」などの作業工程(局面、フェーズ)に分割して行う開発モデルです。
  • 正しい。
  • プロトタイピングモデルは、システム開発プロセスの早い段階でシステムの試作品をつくり、ユーザにそのイメージを理解させ、承認を得ながら開発を進めていくモデルです。
  • リレーショナルモデル(関係モデル)は、関係データベースの基礎となるデータモデルです。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop