HOME»基本情報技術者試験掲示板»平成27年春期午後問13

基本情報技術者試験掲示板


[3397] 平成27年春期午後問13

 た。さん(No.1) 
https://www.fe-siken.com/kakomon/27_haru/pm13.html
基本情報技術者過去問題 平成27年春期 午後問13 の設問2のbについて聞きたいです。

正解が「オ」で設問通りの動作をするのを確認できましたが、「ア」でも適切な動きをするように思えました。

解説では「まず項目IDとして参照するセルですが、式はセル K3 に入力されるので、項目IDとしては同じ行の項目IDであるセル I3 の値を使わなければなりません。この点からセル I2 を参照する「ア」「イ」「ウ」は誤りだとわかります。」
と書いていますが、いまいちピンときませんした。

「ア」がなぜ間違いなのか、どなたかよろしくお願いします
2021.06.15 09:32
関数従属さん(No.2) 
FE・ゴールドエキスパート
選択肢[ア]の場合、セルK3に入れた入力式がセルK7にコピーされると、
照合一致(切捨て(I6,−2),$A$2〜$A$13,0)となります。

図2の例だと切捨て(I6,−2)部分はセルI6が201の為、200となり
照合一致(200,$A$2〜$A$13,0)となります。

図1の例だと$A$2〜$A$13から200を検索する事になる為、
照合一致(200,$A$2〜$A$13,0)は2となります。

即ち、セルK7(IDが202)では、表引き($F$2〜$F$13,2,1)≠nullとなるのですが、
第2引数が2だとセルF3(IDが200)「現在学習中の単元の学習完了日」を見てしまい、
「小さいIDの単元の学習が全て完了」が判定できない事になります。
2021.06.15 21:58
 た。さん(No.3) 
つまり「小さいIDの単元の学習が全て完了」とは、IDが切り捨てされて200のときは一つ前のIDが100(=F2)とnullを比較するということでしょうか?
それを続けて、IDが300のときはIDが200(F3)とnullを比較し、IDが400のとき「表引き($F$2〜$F$13,3,1)≠nullとなり」、F4(何も入ってない)とnullを比較してこの命令が成り立たなくなるということでしょうか?
2021.06.16 12:31
関数従属さん(No.4) 
FE・ゴールドエキスパート
そうですね、IDが切り捨てされて200のときは当該項目の単元は200の為
それより小さいID100の単元が完了しているかを学習完了日(=F2)とnullを比較する事で判定する事になります。
同様に、当該項目の単元が300の時、それより小さいID200の単元が完了しているかを学習完了日(=F3)とnullを比較する事で判定、
当該項目の単元が400の時、それより小さいID300の単元が完了しているかを学習完了日(=F4)とnullを比較する事で判定します。

IDが400のときのID300の単元の学習完了日(=F4)とnullと比較する部分は「表引き($F$2〜$F$13,3,1)≠null」となります。
図1の例だとF4(何も入ってない)とnullを比較する為、Falseとなります。
2021.06.16 22:33
 た。さん(No.5) 
分かりやすい返答ありがとうございます!
とても納得できました!
2021.06.17 09:52

返信投稿用フォーム

スパム防止のために初投稿日から30日経過したスレッドへの書き込みは禁止しています。

© 2010-2022 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop