基本情報技術者平成23年特別 午前問11

午前問11

主記憶のアクセス時間60ナノ秒,キャッシュメモリのアクセス時間10ナノ秒のシステムがある。キャッシュメモリを介して主記憶にアクセスする場合の実効アクセス時間が15ナノ秒であるとき,キャッシュメモリのヒット率は幾らか。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H19春期 問20
  • 基本情報技術者 H24秋期 問10
  • 基本情報技術者 H26春期 問10

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

定番の出題パターンである実行アクセス速度を求める問題とは反対に、実行アクセス速度からキャッシュメモリのヒット率を求める少し変化を加えた問題です。

実効アクセス時間を求めるための公式は、
  (キャッシュメモリのアクセス時間×ヒット率)+主記憶のアクセス時間×(1−ヒット率)
で表せます。

今回は実行アクセス時間がわかっているのでヒット率を"N"として計算します。

 (10×N)+(60×(1−N))=15
 10N+60−60N=15
 −50N=−45
 N=0.9

計算結果からキャッシュメモリのヒット率は0.9となります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop