基本情報技術者 平成29年春期 午前問70

午前問70

バランススコアカードの学習と成長の視点における戦略目標と業績評価指標の例はどれか。
  • 持続的成長が目標であるので,受注残を指標とする。
  • 主要顧客との継続的な関係構築が目標であるので,クレーム件数を指標とする。
  • 製品開発力の向上が目標であるので,製品開発領域の研修受講時間を指標とする。
  • 製品の納期遵守が目標であるので,製造期間短縮日数を指標とする。

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » ビジネス戦略と目標・評価

正解

解説

バランススコアカード(Balanced Score Card,BSC)は、企業のビジョンと戦略を実現するために、「財務」「顧客」「業務プロセス」「学習と成長」という4つの視点から業績を評価・分析する手法です。

バランススコアカードのプロセスである各視点については以下の通り。
財務の視点
株主や従業員などの利害関係者の期待に応えるため、企業業績として財務的に成功するためにどのように行動すべきかの指標を設定する。
顧客の視点
企業のビジョンを達成するために、顧客に対してどのように行動すべきかの指標を設定する。
業務プロセスの視点
財務的目標の達成や顧客満足度を向上させるために、優れた業務プロセスを構築するための指標を設定する。
学習と成長の視点
企業のビジョンを達成するために組織や個人として、どのように変化(改善)し能力向上を図るかの指標を設定する。
このうち学習と成長の視点では、年間教育/訓練時間、資格取得数、特許取得数、従業員の満足度など、組織および従業員に知識・技能がどれだけ蓄積されたかを評価指標とします。目標と評価項目の対応が適切である「ウ」が適切です。
© 2010-2018 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop