基本情報技術者平成29年春期 午前問69

午前問69

アンゾフが提唱した成長マトリクスにおいて,既存市場に対して既存製品で事業拡大する場合の戦略はどれか。

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営戦略手法

正解

解説

アンゾフの成長マトリクスは、経営学者のH・イゴール・アンゾフ(H. Igor Ansoff)が提唱したもので、縦軸に「市場」、横軸に「製品」をとり、それぞれに「既存」「新規」の2区分を設け、4象限(市場浸透,製品開発,市場開拓,多角化)のマトリクスとしたものです。事業が成長・発展できる経営戦略を検討するために適したフレームワークです。
69.gif/image-size:252×261
  • 市場開発は、"新規"市場に対して"既存"製品で事業拡大する場合の戦略です。
  • 正しい。市場浸透は、"既存"市場に対して"既存"製品で事業拡大する場合の戦略です。
  • 製品開発は、"既存"市場に対して"新規"製品で事業拡大する場合の戦略です。
  • 多角化は、"新規"市場に対して"新規"製品で事業拡大する場合の戦略です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop