基本情報技術者平成29年春期 午前問71

午前問71

図は,生産管理システムの手法であるMRP(資材所要量計画)の作業手順である。図中のaに入る,正味所要量計算に必要な情報はどれか。
71.gif/image-size:500×76
  • 基準日程(完成時期,リードタイム日数)
  • 在庫状況(在庫量,注文残,仕掛量)
  • 発注方針(ロット編成方法,発注方式,安全在庫)
  • 部品構成表(最終製品における各部品の構成と所要量)
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H19春期 問74

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » エンジニアリングシステム

正解

解説

正味所要量の計算では、総所要量とaの情報をもとに不足分が計算されます。総所要量とは、生産計画を実行するために要求される全ての資材をまとめた量で、正味所要量とは、総所要量から在庫や注文残を除いた、実際に手配すべき量を示します。

正味所要量は、総所要量から在庫等を減じて算出されるので、aの情報は「在庫状況」が適切です。
71a.gif/image-size:500×67
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop