基本情報技術者平成28年秋期 午前問4

午前問4

32ビットで表現できるビットパターンの個数は,24ビットで表現できる個数の何倍か。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H13秋期 問4
  • 基本情報技術者 H26秋期 問3

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 離散数学

正解

解説

1ビットでは"0"と"1"の2種類が表現でき、2ビットでは"00","01","10","11"の4種類が表現できます。同様に、3ビットでは「2×2×2=8種類」、4ビットでは「2×2×2×2=16種類」と考えていくと、nビットで表現できるビットパターンの個数は2nであることがわかります。

これを踏まえると、32ビットで表現できるビットパターンは232個、24ビットで表現できるビットパターンは224個ですから、

 232÷224=28=256

256倍が適切です。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop