基本情報技術者平成22年春期 午前問2

午前問2

X及びYはそれぞれ0又は1の値をとる変数である。 X□YをXとYの論理演算としたとき,次の真理値表が得られた。X□Yの真理値表はどれか。
02.gif/image-size:435×108

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 離散数学

正解

解説

問題文の真理値表の2つの演算結果に着目してみます。
02_1.gif/image-size:435×108
まずTですが、X OR (X□Y) の演算結果が1になっています。 この時Xの値は0なので、結果が1になるためには(X□Y)が1でなくてはなりません。選択肢の中でこの条件を満たすのは、「ウ」と「エ」だけです。

続いてUですが、X AND (X□Y)の演算結果が1になっています。この時 結果が1になるためにはXと(X□Y)が両方とも1である必要があります。選択肢の中でこれを満たすのは「ア」「イ」「ウ」です。

したがって両方の条件を満たす「ウ」の真理値表が正解となります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop