基本情報技術者平成22年秋期 午前問48

午前問48

ブラックボックステストにおけるテストケースの設計方法として,適切なものはどれか。
  • プログラム仕様書の作成又はコーディングが終了した段階で,仕様書やソースリストを参照して,テストケースを設計する。
  • プログラムの機能仕様やインタフェースの仕様に基づき,テストケースを設計する。
  • プログラムの処理手順,すなわちロジック経路に基づき,テストケースを設計する。
  • プログラムのすべての条件判定で,真と偽をそれぞれ1回以上実行させることを基準に,テストケースを設計する。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H18春期 問34
  • 基本情報技術者 H26春期 問49

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア構築

正解

解説

ブラックボックステストは、入力と出力だけに着目して様々な入力に対して仕様書どおりの出力が得られるかどうかを確認します。システムの内部構造とは無関係に外部から見た機能について検証するテスト方法です。

したがってプログラムの内部構造とは無関係にテストケースを作成する「イ」がブラックボックステストのテストケース設計方法です。

これに対してホワイトボックステストは、プログラムの内部仕様に着目して行うテストで、「ア」「ウ」「エ」はホワイトボックステストのためのテストケース設計方法となります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop