HOME»基本情報技術者試験掲示板»令和元年秋期午後試験問3【データベース】
投稿する

[2913] 令和元年秋期午後試験問3【データベース】

 匿名さん(No.1) 
  令和元年秋期午後試験問3【データベース】の設問3(e)について質問があります.

  問題のリンク先:[1]https://www.fe-siken.com/kakomon/01_aki/pm03.html

  参照制約[1]とは、外部キーを持つレコードを追加する場合に、その外部キーの値は参照先のレコードの主キーとして存在するものでなければならない、また、別表から主キーの値を参照されているレコードは削除することができないという制限です。データベースからレコードを削除するときには、表間の参照制約に違反しない順序で削除を行う必要があります。

「外部から参照されている主キーを消去するのではなく,先にその主キーを参照しているものを消す.その後に,外部から参照されている主キーを消去といった順番」だと考えました.
上記から,④⇒②⇒③⇒①が解答となると思うのですが,なぜ違うのでしょうか?

2021.02.21 22:51
匿名さん(No.2) 
貸出表はISBNコードがキーになっていない為、まず書籍番号を調べるところからになるのではないでしょうか?
2021.02.22 01:16
匿名さん(No.3) 
ISBNコードと同じ書籍を全削除するには
ISBNコードをキーにして削除していく必要がある。
ISBNコードに関係するのは①~③のみになるので、最初の手順は④が除外されます。
①は書籍表が参照しているので削除出来ない
③は貸出表が参照しているので削除出来ない
なので、残りの②が最初の手順となります。
あとは解説通り、下記のような参照の流れになっているのでこの順番で削除していけばいいです。

□参照の流れ
貸出表→書籍表→書籍情報表
2021.02.22 13:23
 匿名さん(No.4) 
遅くなり申し訳ございません.
匿名さん,ありがとうございました.
2021.02.25 21:29

返信投稿用フォーム

スパム防止のためにスレッド作成日から30日経過したスレッドへの書込みはできません。
© 2010-2024 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop