基本情報技術者平成31年春期 午前問51

午前問51

プロジェクトマネジメントにおいて,目的1をもつプロセスと目的2をもつプロセスとが含まれる対象群はどれか。

〔目的〕
目的1
プロジェクトの目標,成果物,要求事項及び境界を明確にする。
目的2
プロジェクトの目標や成果物などの変更によって生じる,プロジェクトの機会となる影響を最大化し,脅威となる影響を最小化する。
  • コミュニケーション
  • スコープ
  • 調達
  • リスク

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » スコープマネジメント

正解

解説

JIS Q 21500(プロジェクトマネジメントの手引)において、4つの対象群(PMBOKの知識エリアに相当する)は次のように定義されています。
コミュニケーション
プロジェクトに関連する情報の計画、マネジメント及び配布に必要なプロセスを含む
スコープ
作業及び成果物のうち必要とするものだけを特定し、定義するために必要なプロセスを含む
調達
製品、サービス又は結果を計画し、入手し、供給者との関係をマネジメントするために必要なプロセスを含む
リスク
脅威及び機会を特定し、マネジメントするために必要なプロセスを含む
スコープ対象群は、プロジェクトの遂行に必要な作業を過不足なく含め、プロジェクトを成功させることが目的であり、スコープの定義、WBSの作成、活動(アクティビティ)の定義、スコープの管理などのプロセスを含みます。
JIS Q 21500において、目的1は「スコープの定義」の目的、目的2は「スコープの管理」の目的として記載されています。よって該当する対象群は「スコープ」になります。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop