基本情報技術者平成31年春期 午前問30

午前問30

ビッグデータの処理で使われるキーバリューストアの説明として,適切なものはどれか。
  • "ノード","リレーションシップ","プロパティ"の3要素によってノード間の関係性を表現する。
  • 1件分のデータを"ドキュメント"と呼び,個々のドキュメントのデータ構造は自由であって,データを追加する都度変えることができる。
  • 集合論に基づいて,行と列から成る2次元の表で表現する。
  • 任意の保存したいデータと,そのデータを一意に識別できる値を組みとして保存する。

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース応用

正解

解説

キーバリューストア(KVS)は、NoSQLで用いられてるデータ型の1つです。プログラミングで使用される連想配列のように、1つのキーに1つの値を結びつけてデータを格納します。構造が単純な分、スケーラビリティや処理速度に優れるためビッグデータの処理に使われています。
30.gif/image-size:161×152
NoSQLで用いられる他の主要なデータ型についても簡単にまとめておきます。
カラム指向
行キーに対してカラム(名前と値の組み合わせ)を結びつけて格納する
ドキュメント指向
XMLやJSONなどの構造でデータを格納する
グラフ指向
グラフ理論に基づいてデータ間の関係性を表現する
  • グラフ型データベースの説明です。
  • ドキュメント指向データベースの説明です。
  • 関係データベースの説明です。
  • 正しい。キーバリューストア型は、キーと値の組を単位としてデータを格納するデータベースです。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop