基本情報技術者平成30年春期 午前問78

午前問78

商品Aの当月分の全ての受払いを表に記載した。商品Aを先入先出法で評価した場合,当月末の在庫の評価額は何円か。
78.gif/image-size:274×191
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H13春期 問68
  • 初級シスアド H20秋期 問65
  • 基本情報技術者 H16春期 問75
  • 基本情報技術者 H20秋期 問72
  • 基本情報技術者 H23特別 問76

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

棚卸資産の評価方法の一つである先入先出法は、先に仕入れたものから順次払い出されたと想定して棚卸資産を評価する方法です。

商品Aは先入れ先出し法で評価するとあるので、当月に2回ある払出を、在庫として古い方(入荷年月が昔のもの)から順に払い出していき、最終的に残った商品在庫の金額を計算することになります。

[5日の払出:30個]
前月繰越の10個と4日仕入の20個を足した分が払い出されます。この時点で前月からの繰り越し在庫は0個,4日仕入分は20個になります。

[30日の払出:30個]
4日仕入分20個と7日仕入の10個を足した分が払い出されます。この時点で4日仕入分は0個,7日仕入分は20個となります。

以上より、月末時点での商品Aの在庫は、7日仕入分の残り20個および10日仕入分10個の合わせて30個であることになります。
78a.gif/image-size:267×205
7日仕入分の単価は130円、10日仕入分の単価は110円なので、在庫の評価額は、

 (130×20)+(110×10)=3,700(円)

したがって「エ」が正解です。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop