基本情報技術者 平成30年秋期 午前問77

午前問77

ある商品の前月繰越と受払いが表のとおりであるとき,先入先出法によって算出した当月度の売上原価は何円か。
77.gif/image-size:321×198
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H25秋期 問77

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

先入先出法は、商品の払出単価や棚卸資産額を計算する方法のひとつで、先に仕入れたものから先に払いだされるという考えで払出単価の計算を行います。

表を見ると、15日に70個、25日に60個の払出(合計130個)が行われていますが、先入先出法の考え方に則ると、この130個の払出しは「前月繰越分から100個」「5日仕入分から30個」というように行われたと考えて計算を行うことになります。それぞれの仕入れ単価は表中に記述されているので、これをもとに売上原価を計算します。

 200円×100個+215円×30個
=20,000円+6,450円=26,450

計算結果より当月度の売上原価は「26,450円」とわかります。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop