基本情報技術者 平成30年秋期 午前問76

午前問76

連関図法を説明したものはどれか。
  • 事態の進展とともに様々な事象が想定される問題について,対応策を検討して望ましい結果に至るプロセスを定める方法である。
  • 収集した情報を相互の関連によってグループ化し,解決すべき問題点を明確にする方法である。
  • 複雑な要因の絡み合う事象について,その事象間の因果関係を明らかにする方法である。
  • 目的・目標を達成するための手段・方策を順次展開し,最適な手段・方策を追求していく方法である。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H13秋期 問77

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

連関図法は、複雑な要因の絡み合う事象について、その事象間の因果関係・相互関係を明らかにして問題や原因を特定し、目的達成のための手段を発見する手法です。
76.gif/image-size:545×400
したがって「ウ」が適切な説明です。
  • PDPC法の説明です。
  • 親和図法の説明です。
  • 正しい。連関図法の説明です。
  • 系統図法の説明です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop