基本情報技術者 平成30年秋期 午前問69

午前問69

T社では3種類の商品A,B,Cを販売している。現在のところ,それぞれの商品には毎月10,000人,20,000人,80,000人の購入者がいる。来年から商品体系を変更して,4種類の新商品P,Q,R,Sを販売する予定である。そこで,既存の顧客が新商品を購入する割合と新規の顧客数を試算した。この試算について,適切な記述はどれか。ここで,表の各行に記載されている小数第1位までの数値が,該当する旧商品から新商品に乗り換える人の割合を表す。
69.gif/image-size:338×139
  • 商品Aの購入者のうち,1,000人が新商品Qを購入すると予想している。
  • 商品Bの購入者は,新商品P,Q,R,Sのどれかを購入すると予想している。
  • 新商品Pの購入見込者の5割は,商品Aの購入者であると予想している。
  • 新商品Sの新規顧客数は,商品Cの購入者のうち新商品Sを購入する人数より少ないと予想している。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H22春期 問70
  • 基本情報技術者 H23秋期 問70
  • 基本情報技術者 H25春期 問69

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » マーケティング

正解

解説

  • 商品Aの購入者のうち、新商品Qを購入するのは0.3としているため、
     10,000×0.3=3000
    3000人が購入すると予想されます。
  • 商品Bの購入者が、購入すると思われる新商品の割合を足し合わせると、
     (P)0.1+(Q)0.6+(R)0.1+(S)0.1=0.9
    となり、同一顧客が複数種類の商品を購入することも考慮すると残りの0.1以上の顧客は新商品を購入しないと予想できます。
  • 新商品Pの購入者は、既存顧客と新規顧客を合わせて20,000人であると試算されています。既存顧客の内訳は、
     A商品購入者数10,000人×0.5=5,000(人)
     B商品購入者数20,000人×0.1=2,000(人)
     C商品購入者数80,000人×0.1=8,000(人)
    なので、
     5,000÷20,000=0.25
    となり、新商品Pの購入者数における商品Aの購入者は25%に過ぎないことがわかります。
  • 新商品Sの新規顧客人数は23,000人です。商品Cの購入者のうち新商品Sを購入する人数は、
     80,000×0.3=24,000(人)
    となり、新商品Sの新規顧客人数のほうが少ないため正しい説明とわかります。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop