基本情報技術者平成30年秋期 午前問68

午前問68

ある製品の設定価格と需要の関係が1次式で表せるとき,aに入れる適切な数値はどれか。
  • 設定価格を3,000円にすると,需要は0個になる。
  • 設定価格を1,000円にすると,需要は60,000個になる。
  • 設定価格を1,500円にすると,需要はa個になる。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H15秋期 問74
  • 基本情報技術者 H21秋期 問69
  • 基本情報技術者 H23特別 問67
  • 基本情報技術者 H26春期 問69

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

設定価格が3000円のとき需要が0個、設定価格が1000円のとき需要が60,000個となるので、両者の差を取って1次式で表すと傾きが、

 (1000−3000)x=(60,000−0)
 x=−30

となり、設定価格が1円上がるごとに需要が30個ずつ少なくなっていく関係であることがわかります。

この関係をもとに設定価格1,500円の場合の需要を計算します。設定価格1,000円の場合より500円高いので、需要の減少数は、

 500円×(−30個)=15,000個

となり、設定価格1,000円のときより需要が15,000個減少すると計算できます。したがって、設定価格1,500円の場合の需要は、

 60,000個−15,000個=45,000個

45,000個であることがわかります。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop