基本情報技術者平成29年秋期 午前問67

午前問67

SWOT分析において,一般に脅威として位置付けられるものはどれか。
  • 競合他社に比べて高い生産効率
  • 事業ドメインの高い成長率
  • 市場への強力な企業の参入
  • 低いマーケットシェア

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営戦略手法

正解

解説

SWOT分析は、企業の置かれている経営環境を分析し、今後の戦略立案に活かす手法のひとつです。

SWOT分析では組織内外の様々な経営環境要因を、S(Strength,強み)、W(Weakness,弱み・弱点)、O(Opportunity,機会)、T(Threat,脅威)の4つに分類します。
このうち強みと弱みは企業の内部要因、機会と脅威は外部環境要因とされます。つまり脅威のカテゴリーには、外部環境要因のうち組織経営にマイナスの影響を与え得るものが分類されます。これを踏まえて選択肢の各要素を S・W・O・T に振り分けると以下のようになります。
  • 強み(S)に分類されます。
  • 機会(O)に分類されます。
  • 正しい。脅威(T)に分類されます。
  • 弱み(W)に分類されます。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop