基本情報技術者平成27年春期 午前問34

午前問34

IPv6のIPアドレスは何ビットか。
  • [この問題の出題歴]
  • ITパスポート H24春期 問51

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » 通信プロトコル

正解

解説

IPv6(Internet Protocol Version 6)は、現在インターネットで主流であるIPv4の次期バージョンです。IPv4のアドレス空間は32ビットで、およそ43億個のアドレスを割り当てることができますが、インターネットの世界的な普及で枯渇することが確実になっています。(すでに日本を含むアジア太平洋地域のIPv4アドレス在庫は枯渇済み。)

この問題への対策として、策定されたのがIPv6であり、IPv6はIPv4の4倍長の128ビットのアドレス空間をもっています。この128ビットで表現できるアドレス数は2128個=約340澗個(340兆の1兆倍の1兆倍)で、このほぼ無限とも言えるアドレス数の多さを利用して家にある電化製品などにも固有のIPアドレスを割り振りネットワークに参加させるなど活用に期待されています。

IPv4では、アドレス8ビットずつの纏まりを10進数で表記したものを".(ドット)"で区切る表記法でしたが、IPv6では、16ビットずつの纏まりを16進数4桁で表記したものを":(コロン)"で区切る表記法になっています。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop