基本情報技術者過去問題 平成27年秋期 午後問12

問12 

次のアセンブラプログラムの説明及びプログラムを読んで,設問1〜3に答えよ。

〔プログラム1の説明〕

 副プログラム BITINS は,図1に示すように,ビット列A(長さ16ビット)をビット列B(長さ16ビット)の指定された位置に挿入し,ビット列C(長さ32ビット)を作成する。図1中の n(0≦n≦16)は,挿入位置(先頭からのビット数)を表す。
  • GR0〜GR3には,それぞれ次の内容が設定されて,主プログラムから渡される。
     GR0:ビット列A
     GR1:ビット列Bが格納されている領域のアドレス
     GR2:n
     GR3:ビット列Cを格納する2語の領域の先頭アドレス
  • 副プログラムから戻るとき,汎用レジスタGR1〜GR7の内容は元に戻す。

設問1

プログラム1中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。
a に関する解答群
  • 0
  • 8
  • 16
  • 32
b に関する解答群
  • SLL  GR0,0,GR2
  • SLL  GR0,0,GR6
  • SRL  GR0,0,GR2
  • SRL  GR0,0,GR6

解答選択欄

  • a:
  • b:

解答

  • a=
  • b=

解説

この設問の解説はまだありません。

設問2

次の記述中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。

 主プログラムから渡されたnが10で,ビット列Aとビット列Bが図2のとき,行番号15の OR 命令実行直前の GR4 の内容はcであり,GR5 の内容はdである。
pm12_3.gif/image-size:332×89
c,d に関する解答群
  • 0000 0000 0001 0111
  • 0000 0000 0001 1000
  • 0000 0010 1001 0110
  • 0000 0011 1011 1100
  • 0101 1100 0000 0000
  • 0110 0000 0000 0000
  • 1010 0101 1000 0000
  • 1110 1111 0000 0000

解答選択欄

  • c:
  • d:

解答

  • c=
  • d=

解説

この設問の解説はまだありません。

設問3

連続するN語を16×Nビットから成るビット列Yとする。図3に示すように,ビット列X(長さ16ビット)をビット列Yの指定された位置に挿入し,N+1語のビット列Zを作成する副プログラムBITINSLを,副プログラムBITINSを 使って作成した。図3中の m(0≦m≦16×N)は,挿入位置(先頭からのビット数)を表す。プログラム2中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。
pm12_4.gif/image-size:367×167
  • GR0〜GR4には,それぞれ次の内容が設定されて,主プログラムから渡される。
     GR0:ビット列X
     GR1:ビット列Yが格納されている領域の先頭アドレス
     GR2:m
     GR3:ビット列Zを格納するN+1語の領域の先頭アドレス
     GR4:N
  • 副プログラムから戻るとき,汎用レジスタGR1〜GR7の内容は元に戻す。
pm12_5.gif/image-size:442×458
e,f に関する解答群
  • JMI  FIN
  • JMI  INS
  • JPL  FIN
  • JPL  INS
  • JZE  FIN
  • JZE  INS

解答選択欄

  • e:
  • f:

解答

  • e=
  • f=

解説

この設問の解説はまだありません。
【27年秋期 午後問題】
 問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop