基本情報技術者平成26年秋期 午前問11

問11

A〜Dを,主記憶の実効アクセス時間が短い順に並べたものはどれか。
11.gif/image-size:471×172
  • A,B,C,D
  • A,D,B,C
  • C,D,A,B
  • D,C,A,B
  • [出題歴]
  • 初級シスアド H21春期 問2
  • 基本情報技術者 H15春期 問22
  • 基本情報技術者 H23秋期 問11
  • 基本情報技術者 H31春期 問10

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

CPUがメモリにアクセスするときは、まずは高速なキャッシュメモリへのアクセスを試み、キャッシュメモリに目的のデータがなかったときにだけ主記憶にアクセスします。キャッシュメモリに目的のデータがある確率がヒット率です。

キャッシュメモリと主記憶が存在するとき、実際の1アクセスに要する平均時間を実効アクセス時間といい、以下の式で表すことができます。

 (キャッシュメモリのアクセス時間×ヒット率)+主記憶のアクセス時間×(1−ヒット率)

AとBはキャッシュメモリがないので、主記憶のアクセス時間=実効アクセス時間となります。CとDの実効アクセス時間は次のように計算します。
  • [C]  (20×0.6)+(70×0.4)=12+28=40
  • [D]  (10×0.9)+(80×0.1)=9+8=17
したがって、4つを実効アクセス時間が短い順に並べると「A(15),D(17),B(30),C(40)」になります。
© 2010-2024 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop