基本情報技術者平成25年秋期 午前問66

午前問66

国や地方公共団体などが,環境への配慮を積極的に行っていると評価されている製品・サービスを選ぶことを何というか。
  • CSR
  • エコマーク認定
  • 環境アセスメント
  • グリーン購入
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H30春期 問65

分類

ストラテジ系 » システム企画 » 調達計画・実施

正解

解説

グリーン購入とは、製品やサービスを購入する際に、環境を考慮して、必要性をよく考え、環境への負荷ができるだけ少ないものを選んで購入することです。
平成13年4月から、グリーン購入法(国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律)が施行されました。この法律は、国等の機関にグリーン購入を義務づけるとともに、地方公共団体や事業者・国民にもグリーン購入に努めることを求めています。
(環境省HPより引用)
  • Corporate Social Responsibilityの略。企業活動において経済的成長だけでなく、環境や社会からの要請に対し、責任を果たすことが企業価値の向上につながるという考え方です。
  • エコマーク認定は、生産から廃棄までを通じて環境への負荷が少なく、環境保全に役立つと認められた商品を認定する制度です。
  • 環境アセスメント(環境影響評価)は、主として大規模開発事業等による環境への影響を事前に調査することによって、予測、評価を行う手続きのことです。
  • 正しい。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop