基本情報技術者平成22年春期 午前問53

午前問53

コンピュータをLAN経由で起動させる機能をWake on LAN(WOL)という。この機能を利用することによって効率よく行えるものはどれか。
  • 遠隔地にあるPCのソフトウェア保守
  • システム誤動作の検知
  • トラフィック状況の管理
  • 不正アクセスの監視

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスの運用

正解

解説

Wake on LAN(WOL)は、コンピュータネットワーク(主にLAN)に繋がっているコンピュータの電源操作(投入、シャットダウンなど)を遠隔で操作する技術あるいはその行為を指します。
ただし、Wake On LANを使うにはマザーボード、ネットワークカード、BIOS、OSなどがWake On LANに対応している必要があるため、設置には大きな問題が生じる場合があります。

遠隔操作によるソフトウェア保守は以前からありますが、システムの電源だけは管理者などがON/OFFしなくてはならず、保守対象のコンピュータが増えるほどこの手間は増大していきます。Wake on LAN技術によって、電源操作を遠隔操作することで子の電源管理の手間を省き、より効率的な保守作業ができるようになります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop