基本情報技術者平成21年春期 午前問64

午前問64

定性的な評価項目を定量化する方法としてスコアリングモデルがある。4段階評価のスコアリングモデルを用いると,表に示した項目から評価されるシステム全体の目標達成度は何%となるか。
64.gif/image-size:260×117
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H16秋期 問63

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 情報システム戦略

正解

解説

スコアリングモデルは、評価項目ごとに重み(重要度)をつけ、重みと評価点を乗じた値をその項目の点数とします。

 省力化効果: 5×3=15
 期間の短縮: 8×0=0
 情報の統合化: 12×1=12

合計すると、15+0+12=27 です。

すべての項目が予定通り(3)であった場合の評価点は、

 (5×3)+(8×3)+(12×3)=75

すべての項目が満点で75となるので、目標達成度は、

 27÷75=0.36

の計算から36%とわかります。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop