基本情報技術者平成20年春期 午前問7

午前問7

2個の文字AとBを使って,長さ1以上7以下の文字列は何通りできるか。

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 応用数学

正解

解説

長さ1文字であれば「A」と「B」、長さ2文字であれば「AA」「AB」「BA」「BB」というように、使用する文字種が2個で文字列の長さがn文字の場合の組み合わせ数は、2nで表すことができます。

長さが1〜7文字までの組み合わせ数を足し合わせると、

 21+22+23+24+25+26+27
=2+4+8+16+32+64+128
=254

考えられる文字列の組み合わせ数は254通りであることがわかります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop