基本情報技術者平成20年春期 午前問34

午前問34

コンピュータシステムの高信頼化技術は,目標とする特性からRASISと呼ばれる。RASISを構成する五つの要素はどれか。
  • 信頼性,可用性,保守性,保全性,機密性
  • 信頼性,経済性,拡張性,再現性,操作性
  • 正確性,可用性,拡張性,保全性,機密性
  • 正確性,経済性,保守性,再現性,操作性

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

RASIS(レイシス)は、システムの信頼性を評価する5つの概念の頭文字を合わせた言葉です。
Reliability … 信頼性
故障を起こしにくさの度合い。評価指標としてMTBF(平均故障間隔)が用いられる
Availability … 可用性
必要な時に必要なだけシステムが使用可能状態である度合い。評価指標として稼働率が用いられる
Serviceability … 保守性
システム障害の時の修理しやすさの度合い。評価指標としてMTTR(平均修復時間)が用いられる
Integrity … 保全性・完全性
保存されているデータの完全であるかどうかの度合い
Security … 安全性・機密性
保存されているデータが、災害や障害などに対してもつ耐性の度合い
したがって「ア」の組合せが適切です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop