基本情報技術者平成20年秋期 午前問30

午前問30

ハッシュ法の説明として,適切なものはどれか。
  • 関数を用いてレコードのキー値からレコードの格納アドレスを求めることによってアクセスする方法
  • それぞれのレコードに格納されている次のレコードの格納アドレスを用いることによってアクセスする方法
  • レコードのキー値とレコードの格納アドレスの対応表を使ってアクセスする方法
  • レコードのキー値をレコードの格納アドレスとして直接アクセスする方法
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H16春期 問35

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » アルゴリズム

正解

解説

ハッシュ法は、レコードのキー値とハッシュ関数を用いて格納アドレスを計算するアクセス方法です。連続したデータ探索には向きませんが、少ない回数のデータ探索であれば線形探索や2分探索よりも探索時間が短くて済みます。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop