基本情報技術者平成19年秋期 午前問41

午前問41

Javaのプログラムにおいて,よく使われる機能などを部品化し,再利用できるようにコンポーネント化するための仕様はどれか。
  • JavaBeans
  • JavaScript
  • Javaアプリケーション
  • Javaアプレット
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H19秋期 問21
  • 基本情報技術者 H22秋期 問8
  • 基本情報技術者 H27春期 問8

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » ミドルウェア

正解

解説

JavaBeansは、プログラムの再利用を目的としてJavaで書かれたソフトウェアの部品のことです。既存のBeanを組み合わせることで開発効率が向上したり、深いプログラムの知識がなくてもBeanを使用することでソフトウェアに必要な機能が実装可能になるという利点があります。
  • 正しい。
  • 主にユーザの動きに反応する動的なWebページの構築のために、HTML内に記述されるスクリプト言語です。当サイトでも使用していますが入力漏れのチェックや、HTMLを動的に編集することで動きのあるWebページを作ることができます。名前が似ていますがプログラミング言語JavaはJavaScriptとは別物です。
  • Javaで書かれたプログラムの実行形態のひとつで、JavaアプレットがWebからダウンロードされて、Webブラウザ上で実行される事が多いのに対し、Javaアプリケーションは主にローカルなコンピュータのJava Runtime Environment (JRE) で実行されるプログラムを指します。
  • Webを通してブラウザにダウンロードされクライアント側で実行されるJavaで書かれたプログラムのことです。
Javaの実行形態には、他にJavaサーブレットがあります。これは、Javaを用いてWebページのためのHTML文書を動的に生成したり、データ処理をWebサーバ上で行うサーバサイドのプログラム技術のことです。
HTMLを動的に生成することで掲示板やショッピングサイト・オンラインバンキングなどの機能が実現されています。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop